.

自動車重量税、別名重量税という税金は日本の自動車もしくは外国の車など愛車の国やプラグインハイブリッド車、ハイルーフ車など自動車のタイプに例外なくたとえばミツビシやなどにも一般的に負担を必須とされているものなんです。76-18-124

新車登録の時または定期車検の際に支払う必要がある税です。76-3-124

額はその自動車の重量によって決められています。76-6-124

「自動車重量税」と「自動車税」では全然別の税金なので基礎を理解して一緒にしないようにしましょう。76-11-124

「自動車重量税は車重により」「自動車税という税金はクルマの総排気量毎に」税額が変わってきます。76-12-124

それで売却の際の対応も異なりますし注意しなければなりません。76-13-124

自動車の売却のときには支払い済みの額がどれだけ残っていても、その額が返還されるようなことはありません。76-19-124

一方で自動車税の場合は支払い済みの税金を査定額に足してくれるといった事例がありますが重量税に関しては上乗せになるというケースはほとんどないのです。76-15-124

重量税は、車を手放すときに納付済みの金額が残っていると言っても自動車の買い取り店にてそれが材料になることは少ないです。76-8-124

ですから次の支払い要は次回の車検まで待った上で売るという手法が無駄は少ないと思います。76-5-124

車の売却の際は考慮されない重量税ですが例外的な場合だと還付していただけることがあります。

これにあたるのは、車検が残存している廃車にしてしまう際です。

要は抹消登録をした際に残存期間に応じて額が返ってきます。

ただ、自動車引き取りの場合はその自動車が廃車になるのとは違って還付されません。

そして売却する自動車の名義の変更をした時や、盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

重量税の残っている期間がある愛車を売るということはつまり車検の効力が残っている車ということと同じです。

そういったことを買取店も忖度しますから重量税の残存期間があれば買取額があがることでしょう。

当たり前ですが、買取額は店舗次第で変わりますが、車検がまだある事実が考慮されれば愛車の売却額からみるとそんなに損をするということもありません。

Copyright (c) 2000 www.lillisofpontiac.com All Rights Reserved.