.

カードキャッシングについての支払い方式は企業によって随分へだたりというものがあって、様々な方法が選ばれております。

基本的なところではスライド法やリボ法などが選ばれているようです。

こうした多くの人がご存知のリボルディング払ですが本当のところ算出方式にはおおくの手法があるのです。

ゆえに其の法によっては支払トータルが違ってきてしまいますので理解しておいて損をするようなことはないでしょう。

そうしたらやさしくこの2つのやりようの差異に関してを説明していきましょう。

一つは元金均等払い、その次は元利均等払いというものです。

これらは読んで字のごとく元本についてを均等にして返済していくというものと元金と利子に関してをつごうで均一に返済していく方式になります。

ここではもしや10万円借金したとして、実際のところ如何様な勘定をしていくのかやってみましょう。

金利はいずれも15%と仮定して試算します。

それとリボルディング払いの返済額を1万円というふうに計算します。

取りあえず元金均等払いです。

このような事例の1度目の支払に関しては1万円に対して利率分の1250円を合計した金額になります。

その次の支払は1万円へ利息1125円を合計した支払へとなるのです。

こういったふうにして全10回にて引き落しを済ませるという様式となります。

一方で元利均等払いというのは最初の支払いについては1万円ですがそこから元金に8750円利率へ1250円と言う感じで分配するのです。

その次の返済は元本が8750円減った状態で利率を算定しその1万円からまた割り振ります。

別言すれば、元利均等払いの事例では10回で支払いが終了しないといった計算になったりします。

これだけの違いで二者がいかに異なっているかが十分わかったことでしょう。

元利均等というのは元金均等に比肩して、はっきりと元本が縮小するのが遅いと言う短所が存在したりします。

別のことばで言えば利子というものをおおく払うといったことになります。

一方で1回の引き落しが小さな額ですむと言うプラスというものもあるのです。

こうした引き落し方法についての差異に応じて支払合計金額というものは相異なってきますから自身の返済計画に合った方法を採用するようにしていってください。

    Link Contents

Copyright (c) 2000 www.lillisofpontiac.com All Rights Reserved.